記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍談話について(社畜生活と全く関係ない政治話)

今日の夕方6時から安倍さんが、70年談話を出しましたね。

私はネトウヨなので、そういう話が嫌いな人は読まないでください(嫌な気持ちになっても責任取らないよの意)


一言で
感動しました。


あまりこういう話に興味ない人からしたら
ただひたすら「過去の戦争に対する謝罪、反省」をしているように聞こえたかもしれません。


でも
安倍談話はこの一言に全てが詰まってると言っても過言ではないんじゃないでしょうか


「戦争を知らない、後の世代、未来の子供達に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない 」


この一言がね。感動しました。感動しましsた。感動しました。

「私たちの世代が責任を負わなければならない」とかね。


そのあとに一応、あくまでも批判をかわすための
オマケみたいに「戦争を知らない未来の世代にも戦争の歴史を引き継ぎ、伝えていかなければならない云々」とは言ってましたが、本当にオマケですね。


談話ってのは、現在の日本政府の立場を宣言するようなものだと私は思ってます。
本当はただの、首相個人の政治思想が強く反映されるんですけど
「首相の宣言=日本国の立場」ですからね。首相=国の代理人
当たり前じゃないですかー。


過去にも河野談話や、村山談話などが出てたんですけど
彼らはただ謝罪と賠償を語ってるだけでしたからね。

今回の安倍談話でも「謝罪や賠償、侵略」といったキーワードは入ってましたけど
うまく入れ込んだというか。むやみやたらに、世界に喧嘩を売ることなく
むしろ、世界を日本の見方につける言い回しをしていて良かったと思います。

安倍総理も言っていた通り、未来志向の談話でしたね。


最初が、「そもそもは欧米諸国がアジアを植民地支配に乗り出していた」って話から始まったのも良かったです。それから日本が戦争をすることになった理由・・・・と語るのも良かったです。あくまでも「日本は世界秩序に挑戦した」っていう文言で、「あれは失敗だった、反省しなければならない」と世界に喧嘩売ることなく、ハッキリと事実を語っていたのが良かったですね。

安倍談話ではその後の事が語られていませんでしたが
あくまでも、結果論ですけれど

インドネシアやフィリピンなど、当時フランスなどの植民地下にあったアジアの国々は
第二次世界大戦(日本の敗戦後)に植民地解放されたって事実もありましたからね。

あと、これは安倍談話の中でサラリと流れるように盛り込まれてましたが

「日露戦争によって、アジアの国々は勇気を与えられた事実もあった」ってことだけは本当にスルーされるくらいうまく談話の中に入れてあったのも良かったです。


「日本は平和国家として、戦争を絶対否定し、核の廃絶も世界に呼びかけていきたい」って語っていたところもよかったです。何度も言いますが、世界を敵に回すのではなく、見方に付けるうまい言い回しでありながら、日本の立場を明確に語っていて文句のつけようがなかったと個人的には思います。


ただ、もう少しうまく出来る部分もあったのではないかなーとも思いますので
ネトウヨの私の独断と偏見で、安倍談話には80点を付けさせていただこうと思います。


未来志向の談話で本当に良かったです。「謝罪」と「反省」という言葉は多様されてましたが
あくまでも、未来志向で「反省はするけど、いつまでもくよくよしてられないよ」って意思を感じました。



ps
ちなみに、本当に実行できるのかどうかは分かりませんが
安倍政権は、東京裁判などの再検証も行いたいと言ってます。

東京裁判とは
第二次世界大戦(=大東亜戦争)終戦後・・・
つまり、日本が敗戦した後に開かれた裁判のことです。

A級戦犯をその場で決定した裁判というと分かりやすいでしょうか。


ですが、「裁判」とは名ばかりで
裁判官のメンツは、戦勝国の外国人ばっかりです。つまり「最初から決まってた」裁判です。
裁判じゃありません。ただの茶番です。

これは、少しでも近代史を勉強すれば誰でも知ってて当然のことなんですけどね。どういうわけか知らない人が多いのが困ったことです。

まず茶番劇の第一の理由として、事後法でした。

裁判というのは、元々法律があって、それに乗っ取って行われるのが当たり前ですが、
あとから法律を作って、ちょうじりをあわせる・・・・本当に裁判とは名ばかり。裁判後に法律を作るんですよ。A級戦犯という名の良く分からないモノを裁くために。バカバカしいですね。


そして第二に戦勝国の戦争犯罪不問です。

日本だけが全て悪者で、他の戦争してた国(戦争に勝った国ですね要するに)は特に何の裁きもない。

原爆という大量虐殺の戦争犯罪を犯したアメリカも当然、何も裁かれません。
むしろ、アメリカでは当時の大統領の原爆投下を指揮したトルーマン大統領は英雄です。


そして第三。
上でも述べたように、全ての判事は戦勝国側の人間でした。

本当に結果ありきの裁判です。


これが事実です。A級戦犯なんてものは
あくまでも、戦勝国側が「自分たちは正義で悪くなかった」という理由を付けるために
「日本を悪者にしたい」という名目で作ったただの、それだけのものです。


今でも日本のテレビ局ではA級戦犯の悪印象をよく報道したりしますが
東京裁判(茶番劇)後に、一応日本の国内法で、「A級戦犯」に認定された人々は名誉回復されているので「A級戦犯」なんてものは現在の日本には存在していません。

これも、ただの日本の詭弁なのかもしれませんが
そもそもが、東京裁判という戦勝国側の出来レース(茶番劇)によって作られたものなのでバカらしいっていう話なのです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高卒後、大学中退。7年間ヒキニート(短時間バイト経験あり)。ガチ友達いない、世間知らず、人生経験不足。そんな私(20代後半男)が中小企業に初就職しました。

るろうニート

Author:るろうニート
無気力ダメ人間です。
友達も彼女もいません。募集中です
メール:roarunn@gmail.com
スカイプ:roarunn

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
711位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
67位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。