記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気を壊さず定時に帰るテクニック

「お先に失礼するナリ」!!!!!






・・・・という本を買いました。
半分ネタのような本です。

①仕事量が多すぎて定時間内に業務が終わらないから残業せざるをえない

②本気を出せば定時までに仕事終わるけど、残業代欲しさにだらだら残業(生活残業)

③することもなく暇だけれども、定時退社=悪という空気に逆らえない(付き合い残業)


残業と聞いて、何を連想するでしょうか?

ネット情報(特にIT企業関連)に洗脳されてるニートは
①を連想するかもしれませんが、残業の実態はさまざまです。

本当に仕事量が多すぎて仕方なく残業している人もいれば(無能も含む)
②や③のように、必要でもない残業をしている会社員も多いはずです。
私は主に③です。たまに①の時もありますが、本当にたまに、、です。
残業代も出ず、ただ働き。本当に無駄以外の何物でもない時間ですね。
残業代が出るならまだマシなのですが。

同じ仕事量を振られているA君とB君が居たとしたら

①定時までに仕事を終わらせて定時に帰るA君
②定時までだらだらと手を抜いて、残業時間直前から仕事を始めて残業代まで稼ぐB君


どちらが、会社で評価されるでしょう!?


答えは悲しいことに②なんですねー。日本ではね。
B君の方が残業代まで稼げる上に評価も高いんですよ。全く同じ仕事をしていたとしても。


なぜか仕事を時間効率良くこなしているA君は逆に低い評価になるんですねー。

「定時で帰るなんてAは暇なのか?もっと仕事振ろう」とか

「定時で帰るなんてAはやる気がない!!!Bはこんなに残業してるのに!!!」


こうなってしまうんです。悲しいですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高卒後、大学中退。7年間ヒキニート(短時間バイト経験あり)。ガチ友達いない、世間知らず、人生経験不足。そんな私(20代後半男)が中小企業に初就職しました。

るろうニート

Author:るろうニート
無気力ダメ人間です。
友達も彼女もいません。募集中です
メール:roarunn@gmail.com
スカイプ:roarunn

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
就職・お仕事
1044位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
転職
102位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。